煩わしい小銭にサヨナラ!電子マネーで財布をすっきりダイエット!

コンビニでの支払いに小銭が不要になる

コンビニといえばどこにでもあるお店です。自宅の近くや会社の近く、その他いろいろな外出をしたときに立ち寄れるでしょう。おにぎりやお弁当、パンなどの食品の他、ちょっとした衣類や生活用品も買えます。便利ですが支払いをするときに少し手間を感じます。おにぎり1個を買うときに財布を見ると千円しかないとき、かなり沢山のお釣りをもらいます。小銭があるとしてもそれを出すのは面倒でどんどん小銭がたまります。この時に電子マネーを持っていると簡単に支払えます。店員に使うと意思表示し、後は機械にタッチして終わりです。クレジットカードだと店員に渡す必要がありますが、それさえ必要ありません。コンビニをよく使っても全く小銭は増えていきません。

切符売り場に並ばなくて済む

鉄道やバスを利用するとき、毎日のように利用する路線なら定期券を持っておくと良いでしょう。改札機に入れたりタッチするだけで簡単に通れます。しかし、通勤や通学区間以外で利用するときは別途支払いが必要です。鉄道なら切符を買う必要があり、バスなら料金口にそのお金を投入します。切符売り場で並んだり、バスを降りる時に時間がかかるのがいやなら電子マネーを使いましょう。鉄道系の電子マネーであれば、鉄道は切符さえいりません。改札機をタッチすれば、自動的に精算をしてくれます。もちろん切符売り場で切符を買っての利用もできます。バスの時も電子マネーをタッチする部分があるので、そちらをタッチするだけで自動的に精算をしてくれます。